Audio DesignのパワーアンプDCPW-240を試聴致しました。そして発注致しました。

b0292692_17163363.jpg
ステレオパワーアンプ オーディオデザインDCPW-240 税別定価¥500,000
最大出力:RCA 100W×2 8Ω  
    :XLR 270W×2 8Ω ※XLR入力時はBTL駆動となります。
サイズ :260(W)×290(H)×360(D)㎜  質量:18kg






あるお客様がご試聴を希望されオーディオデザイン社からDCPW-240の試聴機をお借り致しました。
昨年末ステレオサウンド社の2017ベストバイでグランプリを獲得されていることもあり私自身もこの機器を試聴したいと思っておりました。
また当店では以前からオーディオデザイン社製品の音の良さを認識しており3年ほど前からプリアンプDCP-110を試聴機として展示しております。
b0292692_17163232.jpg
b0292692_17163129.jpg

ステレオサウンド誌205号119ページ。






b0292692_17163585.jpg
筐体はオールアルミ製タワー型シャーシーとなっております。
b0292692_17163449.jpg

かなり厚みのあるアルミニウム板で囲われております。
当店がある燕市は金属加工の街ですが、金属加工に携わっているお客様曰く「凝った造りになっている」とのことでした。

b0292692_17163244.jpg

内部は2階建てで下部に電源部、上部にアンプ回路が収まって
高性能を引き出すことができる合理的なレイアウトとなっております。






b0292692_17163141.jpg

基板上のLEDで内部が品よく橙色に光ります。






b0292692_17163413.jpg
入力はRCAとバランスがございます。
バランス入力ではBTL駆動となり最大出力が270W×2(8Ω)となります。






試聴で接続した機器はこちらです。
■ネットワークプレーヤー SFORZATO DSP-05
■ネットワークプレーヤー LINN AKURATE DS/K (DCPW-240にXLR直結)
■プリアンプ OCTAVE HP300SE(RCA,XLR)
■プリアンプ AUDIO DESIGN DCP-110 (RCA)
■スピーカー JBL 4367WX
■スピーカー HARBETH HL COMPACT 7ES3
■スピーカー B&W 805D3

b0292692_17163590.png

iPadで選曲し試聴致しました。






このパワーアンプは素晴らしいですね。
低域から高域まで溢れ出すエネルギーで音楽がひときわ躍動します。
またパワフルでありながら細やかな部分もしっかり描き出します。
とりわけ低音域の描写力です。
超低域まで引き締まっており、そこが不鮮明な再生になりがちなソフトも明瞭に再現します。
試聴したJBL4367WXの低域は少々緩い感じがありますので相性が良いです。
ウッドベースやピアノの低弦の解像力が凄いです。

ボーカルを多く聴きましたが、血の通った人間が発声した熱さを感じ情感がにじみ出ます。
試聴曲でJames BlakeのLimit to Your Loveの聴きどころは超低域の部分もありますが
通常のボーカルに自身のエフェクトかけたボーカルを重ねている(ユニゾン)部分を聴き分けます。
このアンプではここがハッキリ聴き取れます。

また正攻法で造らてたこのアンプはソフトの粗をさらけ出す怖さがあります。
ソフトの音質に厳格なのです。
B&W等の高精細再現型スピーカーでは高音質のソフトは素晴らしいのですが、その逆になりますと厳しいです。
聞くに堪えないほどではないですが厳しいです。

RCAとXLR(BTL)の違いですが
RCAで十分な高音質ですがXLR(BTL)ではエネルギーが20%増しのような鳴りかたになります。
決してゴリゴリした感じではなく柔軟性があり躍動感や抑揚感が増す感じです。

当店ではこの素晴らしい試聴結果となったDCPW-240を今後も多くのお客様のご要望にこたえるため試聴機を発注しました。
入荷しましたらホームページにてご案内致します。
宜しくお願い致します。




 SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。









オーディオデザイン Audio Design ステレオ パワーアンプ DCPW240 DCPW-240



[PR]
# by solotaudio | 2018-02-20 18:48 | パワーアンプ | Comments(0)

リッピングソフトとして「Music Center for PC」を試してみたら・・・


b0292692_20081180.jpg
ファイルウェブの記事サイト https://www.phileweb.com/news/d-av/201711/21/42650.html






SONYの「Media Go」が2017年12月末に配布終了を予定していて
後継ソフトが「Music Center for PC」になることを上記のファイルウェブの記事で知りました。
今まで当店ではCDのデータファイル化で使用するリッピングソフトにフリーソフトではMedia Goを推奨しておりました。
使いやすい画面であることやデータベースにグレースノートを使用しタグ情報が確実に貼りつくからです。
また日本のアーティストの場合、他の海外の有料リッピングソフトで無反応なものもMedia Goなら確実にOKでした。
このように非常に重宝していたソフトでお客様にも推奨してきたこともありましたので
今回、後継のMusic Center for PCを検証いたしました。
但し、リッピング機能のみです。
結論を先に言いますと、さらに使いやすくなっております。





b0292692_14183027.jpg
まずはこちらからMusic Center for PCをダウンロードします。https://musiccenter.sony.net/ja/





b0292692_15221190.jpg
インストール後
ソフトを立ち上げリッピングするCDをドライブにセットするとこのような画面が出ます。
まずは要所の設定を行います。





b0292692_15221194.jpg
重要な部分でフォーマットを初期のAACをFLACに変更します。





b0292692_15221043.jpg
リッピングした音楽ファイルを格納するフォルダを指定いたします。
NAS内の1つのフォルダにダイレクトでもOKですがPC内のフォルダに一時保管してから自己ルールで分けたフォルダーに移すやりかたもあります。
このようにしておきますとNAS内のサーバーソフトによる検索で困難になりそうなものはフォルダー検索でたどり着けるようになります。





b0292692_15221023.jpg
後継のMusic Center for PCで改良されている部分ですが
Media Goでは少々面倒だったアルバムタイトル、アーティスト名、ジャンルの書き換えが簡単に変更できます。
アルバムタイトル、アーティスト名を変更しなければならないことは多くありませんが
ジャンルは自己ルールであらかじめ決めていた方が後のコントロールアプリでスムーズな検索が出来るようになります。
また自己ルールで決めたジャンルはエクセル等に書き出しておくことをお薦めいたします。
ジャンルを変更する時に、そのジャンルのワードをコピーペーストで変更させるためです。
なぜなら同じつもりでジャンルのワードを手入力して全角と半角の間違い、大文字と小文字の間違い、スペースの間違い等で別のジャンルとして設定されるからです。
そのような理由でコピーペーストが確実です。





b0292692_15221146.jpg
ジャケット写真もPC内に置いたデータ(JPEG)に変更が簡単に出来ます。





b0292692_15264038.jpg
最後にチェックを入れて取り込みを開始させます。





ファイル再生で面倒なリッピングですが快適に作業ができる「Music Center for PC」を推奨致します。
今回はリッピング作業での大まかな部分の検証でしたがお薦めできます。
今後も引き続き細かい部分を検証したいと思います。
またリッピングやハイレゾを含むファイル再生等に関わることのご相談を承ります。
宜しくお願い致します。


  オーディオ専門店SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。









sony Music Center for PC sony media go リッピング ハイレゾ CD







[PR]
# by solotaudio | 2017-11-24 19:45 | ソフトウェア | Comments(0)

バイワイヤリング対応スピーカーを劇的に高音質化させるグレードアップ術!!

b0292692_17330465.jpg
          ↑JBL 4429のバイワイヤリング対応スピーカー端子です。





以前、店の試聴機JBL4365を下記の方法で接続したことがございます。
その状態で松田聖子の赤いスイトピーを鳴らしていた時にお得意様がご来店されました。
店に入った瞬間「この音は凄い、声が生々しい」と驚かれました。
このように劇的に音質アップさせた方法を皆様にお知らせ致したく、ようやく今回ご説明させていただくことになりました。

通常、バイワイヤリング対応のスピーカーをバイワイヤーで接続させる方法として
アンプのスピーカー出力からHi側とLow側、それぞれにスピーカーケーブルで繋いだり
アンプのスピーカー出力が2系統ある場合はそれぞれをHi側とLow側に接続させます。
ただし、このやりかたはアンプ側でただ1CHを分けただけで、正直申しますが劇的な音質向上になりません。
該当される方、申し訳ございません。

それではどのようにして劇的に高音質にさせる方法はと言いますと
左右に2台のステレオパワーアンプを使いHi側とLow側を別チャンネルで駆動させる仕組みです。
よく言われるスピーカーユニットからの逆起電力による他のスピーカーユニットへの影響やアンプへの影響を回避し高音質を得る方式です。
またパワーアンプを左右分けることによりセパレーションが良くなることに加え電源が別々となり余裕ができて駆動力が増します。

複数のアンプを使った究極な方式としてマルチアンプ方式もございます。
但し、これは物量を多く投入し高コストで、さらに時間をかけ様々な難しい調整も必要でオーディオのエキスパートが挑戦する方式です。
今回は内臓させたネットワークで最適化された既製品のバイワイヤリング対応スピーカーをバイアンプ駆動させる仕組みをご説明致します。

バイアンプ駆動はモノラルアンプを2台使う方法が一般的ですが
モノラルパワーアンプでは左右1CHのスピーカー出力となりますので使いません。
バイワイヤリング対応スピーカーは1本でHi側とLow側の入力2系統あるため
2CHあるステレオパワーアンプを左スピーカーに1台、右スピーカーに1台で2台使用するシステムをご説明致します。

こちらの図はPRE OUTが2系統あるプリアンプでの接続図となります。
b0292692_17381231.jpg
b0292692_17441192.jpg
          ↑出力が2系統あるプリアンプの写真です。



出力端子が1系統のみの場合はこのような分配プラグを使用します。
b0292692_18004425.jpg
b0292692_18014051.jpg
このようなプラグでなくケーブル自体で分配させるものもございます。
RCAタイプだけでなくバランスケーブルを分配させたケーブルもございます。






今年の8月に或るお客様のご要望でNuPrimeのDAC内臓プリアンプDAC-9とパワーアンプSTA-9をご用意致しました。
黒いコンパクトな筐体2台がパワーアンプSTA-9で、その右側がDAC-9です。
b0292692_18214481.jpg

プリアンプのDAC-9の出力が1系統のみのため
こちらの分配プラグを使用しました。
b0292692_18004425.jpg
パワーアンプのSTA-9を左右2台使用し片側2CHそれぞれをスピーカーのB&W 805D3のHi側とLow側に接続して鳴らしました。
もともと805D3は歪感が少なく音楽の見透しが非常に良い製品ですが
1台のアンプで鳴らすより、さらに音の見透しが良くなり、音のたたずまいがはっきりするような鳴りかたになりました。
オーケストラやJAZZは再現される音楽のステージが腰の据わった立派なものとなり迫力が増しました。
またボーカルは声がよりリアルになり情感が身に染みてボーカリストの世界に引きこまれました。
ご試聴されたお客様はこのNuPrimeのDAC-9とパワーアンプSTA-9を2台をご導入され、後日
「このアンプを導入後、音楽がさらに良い音になったことに感激し、いつまでも聴いていたい状態になった」とお知らせいただきました。







スピーカーのクオリティに合ったものや望まれるグレードアップの幅もございますが
比較的、低価格のパワーアンプでもこのような2台使いにより高音質をもたらします。

低価格でおすすめのパワーアンプはこちらになります。
NuPrime STA-9 税別定価¥95,000/1台
LUXMAN M-200 税別定価¥128,000/1台
PS Audio S300 税別定価¥185,000/1台

今回のBLOGはバイワイヤリング対応のスピーカーでグレードアップさせるご提案でした。
セパレートアンプをお考えの方や、お持ちのプリメインアンプにプリアウトがありパワーアンプの導入を考えられている方に参考になれば幸いです。



    オーディオ専門店SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。












NuPrime STA-9 税別定価¥95,000/1台
LUXMAN M-200 税別定価¥128,000/1台
PS Audio S300 税別定価¥185,000/1台





[PR]
# by solotaudio | 2017-11-12 17:40 | スピーカー | Comments(0)

LUXMANのプリメインアンプL-505uXIIをご納品いたしました。

b0292692_13220506.jpg
1980年代にご購入されたヤマハAX-700Dです。




昨年の9月にK様は久々にオーディオ機器で音楽を聴くことを再開されようとし、ご来店いただきました。
その時、お持ちのオーディオ機器で使用できたのが約30年前のヤマハのプリメインアンプAX-700Dのみでしたので再構築で
■ネットワークCDプレーヤー ヤマハ CD-NT670
■レコードプレーヤー トーレンス TD158
■スピーカー JBL 4306
以上をご購入いただきました。




最近AX-700Dが調子が悪くなり
先日開催いたしましたLUXMANフェアにご来場いただきLUXMAN製品をじっくりご試聴されました。
後日、奥様同伴でご来店されL-505uxIIを選択いただきました。
奥様、ありがとうございました。
b0292692_13220385.jpg
ご納品いたしましたピカピカのL-505uXIIです。




b0292692_13220492.jpg

中段のコンパクトな機器は昨年ご購入されたヤマハのネットワークCDプレーヤーCD-NT670です。
ご購入時にNASは無かったのですが、後にNASをご購入され、ご家族でネットワークオーディオを楽しまれております。
NASから再生することの便利さに感激されておられます。
またK様のお母様も刺激を受け音楽を楽しまれるようになられたとのことです。




b0292692_13220665.jpg
b0292692_13220796.jpg

映像もブルーレイとVHSを楽しまれておられますが両方の音声もL-505uXIIに接続しました。
機器は和室二間続きのお部屋にセッティングされております。




まず、ご試聴はヤマハのCD-NT670でNASからのファイル再生でビートルズのオリジナル曲と
ギタリストの告井延隆(つげいのぶたか)のビートルズの演奏を交互に再生されました。
告井延隆のギターは一人で弾いているにもかかわらずメロディ、リズム、ベースを複数人で弾いているように聴こえます。
凄いテクニックです。






L-505uXIIに換えての
K様のファーストインプレッションは高域が凄く良いとのことでした。
私は躍動感や実体感を持ったリアルな音場の再現が良いと思いました。

当店に前モデルのL-505uXを展示しておりましたが
その音の印象よりもL-505uXIIは音色が濃く密度が増しているように聴こえました。
なおかつ音の切れ味も向上しているように感じました。





b0292692_13221062.jpg

同時にご購入されましたステレオサウンド社のアナログレコードMIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.2。
ビッグバンドの演奏でPCM384kHz32bitデジタルマスターから作成されたレコードです。

b0292692_13220804.jpg

このレコードの音はすさまじくワイドレンジで鮮度感抜群です。
ビッグバンドの熱い演奏が楽しいです。





K様宅は家族皆様が音楽を楽しまれております。
その音源もCD、ファイル、アナログレコード、ブルーレイ、VHS等多くを聴かれております。
「オーディオで音楽をさらに良い音で、生活に溶け込ませ楽しむこと」
誰もが当たり前のようにできる至福の時間だと思います。
K様、この度はありがとうございました。また宜しくお願い致します。




 オーディオ専門店ソロットオーディオのホームページはこちらです。










LUXMAN ラックスマン l-505uxII l505ux2 jbl 4306 YAMAHA ヤマハ CD-NT670 cdnt670 トーレンス TD158










[PR]
# by solotaudio | 2017-09-26 18:45 | ご納品 | Comments(0)

LUXMANフェアを開催いたします。


LUXMANフェアを開催いたします。
ソロットオーディオ店内にて9月9日(土)~9月12日(火)までとなります。
常設4製品の他、話題の5製品を展示致します。
ぜひこの機会に、お気軽にご試聴に来店下さい。


b0292692_10224969.jpg
※9月9日(土)と9月10日(日)、両日とも15:00~約1時間半のアナログ主体ご試聴タイムの
お席(椅子)は8脚ほどになります。お席のご予約をお受け致します。
 電話0256-47-1334または、こちらからお願い致します。


9月8日追記
※内容変更がございます。
9月9日(土)と9月10日(日)両日とも15:00から予定の
「アナログ主体、ご試聴タイム」ですが
アイコール社の吸着スタビライザーIQ1300Aのご用意が出来なくなりました。
ご試聴を希望されておられたお客様にはお詫び申し上げます。
発売も延期で12月上旬となりますのでご了承お願い致します。




下記の製品が期間中のみの展示となります。
b0292692_10244367.jpg

フォノイコライザーアンプEQ-500は音楽の持つ息遣いを彩り豊かに再現するため増幅素子として全段に真空管を選択しました。




b0292692_10245591.jpg
D-380は32bit対応DACやジッターリダクションIC搭載の進化したデジタル回路に加え
ECC82によるバッファー回路と専用トランスで構成された真空管出力を装備しました。




b0292692_10254340.jpg
L-507uXIIはプリアンプ回路の出力段にはセパレートアンプのトップエンドモデルC-900uと
同等のディスクリートバッファー回路を追加し、スケール感と音の立ち上がりを際立たせました。




b0292692_10260190.jpg
38シリーズの代名詞とも言える木箱ケースを身にまとったLX-380は
最新のテクノロジーと伝統のノウハウを絶妙にブレンドしハイブリッドな魅力を放つ新世代の真空管プリメインアンプです。




b0292692_10262298.jpg

ES-1200は電源の歪やノイズを取り去りオーディオ機器にとって
理想的な電源エネルギーを作り出す電圧補正型のクリーン電源システムです。




b0292692_15313480.jpg

特別展示としてアイコールの吸着式ディスクスタビライザーIQ1300A(開発中)のお披露目を致します。
なお発売予定日は当初9月1日でしたが少し延びるようです。

 9月8日追記
 
IQ1300Aのご用意が出来なくなりました。
 ご試聴を希望されておられたお客様にはお詫び申し上げます。
 発売も延期で12月上旬となりますのでご了承お願い致します。






SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。
お問い合わせはこちらです。












LUXMAN


[PR]
# by solotaudio | 2017-08-24 18:45 | イベント | Comments(0)