クリーン電源システム「LUXMAN ES-1200」を試しました。

b0292692_17232794.jpg
LUXMANの新製品
クリーン電源システム「ES-1200」を試しました。
仕様の説明は省略致します。


b0292692_17205213.jpg
b0292692_17262182.jpg

繋いだ機器は
アンプがLUXMANのL-550AXII、CDプレーヤーがDENONのDCD-2500NEです。
ちなみにスピーカーはB&WのCM6S2です。




b0292692_17204967.jpg
上記の写真、表示されている数字の左「1.0」が弊店の電気の入力歪率です。
右の「0.1」が出力歪率となります。
1.0%が0.1%に改善されることになります。
デモにお越しいただきましたラックスマンの営業さんいわく
この1.0%は非常に優秀な電源環境だそうです。
3%以上あるのが常のようです。
写真はございませんが入力電圧も100Vジャストでした。





b0292692_17222912.jpg
「209」は消費電力209VAとなります。


ES-1200を使用しない音と使用した音を比較しました。

入力歪率1.0%でも改善効果は出ますね。
やはり聴感上の歪感が減りスーっと音の見透しが良くなります。
よく言われるクリーン電源を使用するデメリットとして
音が支配される、音がやせる等は感じません。
言葉では難しいのでここまでとします。
聴いていただけないと良さが判りません。

またこの機器の良いところは重量が17.5㎏で軽量です。
発熱もほとんどございません。

様々なアクセサリーに投資されたり
機器を買い替える前に試されてはどうでしょうか?
ES-1200の導入でシステムの音が間違いなくグレードアップします。

弊店から配達が可能なエリアのお客様に限りますが
メーカーからデモ機を借りて持参できます。
お気軽に問い合せ下さい。

 SOLOT AUDIO









クリーン電源システム LUXMAN ES-1200 ES1200 ラックスマン ES1200











[PR]
by solotaudio | 2016-12-16 19:40 | 電源関連 | Comments(0)
<< 2017 「LINN KLIMAX DS... >>