カテゴリ:組み合わせ( 2 )

魅惑のセット。LUXMAN D-380+LUXMAN LX-380+JBL 4312SE。

b0292692_15333040.jpg
b0292692_15334687.jpg
b0292692_15322887.jpg
私が
最近一番聴きたかった、この組み合わせ。
ぜひ皆様にもお聴きいただきたく思っております。
ご試聴期間は4月1日(土)〜4月5日(水)午前中までです。

本日届き、先程セッティングを行い聴いております。
Eagles
Led Zeppelin
TOTO
Donald Fagen
Jeff Beck
Beatles
David Bowie
Prince
ロックばかり、間違いありませんでした。
最高です。
Led ZeppelinのMoby Dickをボリュームを少々上げ気味に。
ジョンボーナムの手打ちの凄まじさにのけぞります。
ぜひ、お聴きいただきたい。






CDプレーヤーのD-380はお好みで真空管出力と半導体出力の切替ができます。
b0292692_16052153.jpg






プリメインアンプのLX-380は
ドライバー段にムラード製6L6GCを採用しプッシュプル構成にしたハイブリッド真空管アンプです。
とにかく嬉しいスイッチがたくさん並んでおります。
このようなメインの周波数を選択できるトーンコントロールは非常に有効です。
ご購入された際は積極的に使うことをお薦め致します。
b0292692_15341582.jpg






MC/MMフォノアンプを内蔵しております。
またレコードの反りによるウーハーのふらつきを抑えるサブソニックスイッチが装備されております。
b0292692_15343839.jpg






4312SE 70周年記念モデル
税別定価¥260,000 安すぎます。
台数が限定されており、現在ご予約いただいても入荷待ちとなります。
ご購入を検討されている方はお早めにご予約下さい。
b0292692_15345588.jpg




この組み合わせはJAZZ、POPS、ROCK、VOCALなんでもOKです。
とくに得意なのは少しボリュームを上げ気味にして鼓膜だけでなく皮膚からも伝わるように聴くスタイル。
何度も言いますがぜひ聴いていただきたいのです。




オーディオ専門店 ソロットオーディオのホームページはこちらです。










jbl 4312se luxman lx380 luxman d380





[PR]
by solotaudio | 2017-03-31 16:57 | 組み合わせ | Comments(0)

偶然か?音が沁み入るありあわせ!

このセット、聴きごたえありすぎです。
b0292692_15293196.jpg

b0292692_15315796.jpg

⚫︎ネットワークプレーヤー marantz NA7004 処分品 販売済み
⚫︎プリアンプ AudioDesign DCP-F105 中古品 販売済み
⚫︎パワーアンプ AMCRON D-75 中古品
⚫︎スピーカー JBL L26 中古品 販売済み
✳︎単品で販売しておりますがセットの場合は、お値引き致します。



弊店にある中古品のセットになりますが、とにかく魅力あふれるサウンドを奏でます。
まず上流のmarantz NA7004は今でも十分すぎるハイクオリティなファイル再生機になります。
繋ぐプリアンプは驚異的な物理特性を持ちあわせたAudioDesign DCP-F105です。
鮮度抜群の音楽信号はプロサウンドの現場で鍛え上げられたAMCRON D-75で増幅され
魅惑サウンドの立役者JBL L26がリッチな音楽空間を展開します。



L26は1970年代半ばにヒットした製品になります。
小生が憧れていたスピーカーでした。
当時のFMレコパルで周波数特性が掲載されていましたが驚くほどフラットでした。
ウーハーのマグネットがアルニコで瞬発力があり尚且つ微妙な音階を再現します。
b0292692_16304612.jpg

この中古は2本ともユニットの凹み、エッジの劣化、アッテネーターのガリ等の不具合は全くございません。
目立つキズもなく綺麗な状態です。


スピーカースタンドは「侍ノ箱」に特注した物になります。
L26の幅と奥行に合わせており高さは40cmで椅子に座って聴く際にツイーターの位置が耳の高さくらいになります。
木材はアメリカンブラックチェリーでガッチリ作ってあります。
b0292692_16534624.jpg



偶然、中古を適当(笑)に組んだところにオーディオの神様が降りて来られました。
「ばーか良い音らてー!!」
ぜひ魅惑の沁みいるサウンドをお聴き下さいませ。
ご来店お待ちしております。

SOLOT AUDIO
[PR]
by solotaudio | 2014-07-23 19:51 | 組み合わせ | Comments(0)