<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ミュージックライブラリー DELAのN1A/2を接続 その2 選曲操作


一般的に接続する機器はUSB DACまたはネットワークプレーヤーのどちらかになると思います。
弊店ではLUXMANのUSB DAC機能があるSACDプレーヤーD-06uと
SFORZATOのネットワークプレーヤーDSP-05を接続しております。
b0292692_16405932.jpg






N1A/2内の音楽を選曲するための
コントロールアプリ、LINN KINSKYを入手します。
写真はiOSのアップストアーです。左上のKinskyを入手します。
b0292692_16144031.png





まずはN1A/2とUSB接続したLUXMANのD-06uで聴くことにします。
ネットワークプレーヤー同様な操作となります。
タブレット(写真はiPadです)をネットワーク上のルーターとWiFi接続しKINSKYを立ち上げます。
弊店では様々なネットワークプレーヤーがございますので
Roomsを開きN1-18FC Super Audio...を選択します。
b0292692_16144118.png






選曲はChick Coreaの"Return to Forever"とします。
左上のサーバーN1-18FC:Music Libraryを選択します。
画面は左半分が検索画面で
右半分が選択された曲を表示するプレイリストになります。
b0292692_16143512.png






検索での大分類が表示されますので「ジャンル」を選択します。
b0292692_16143515.png






JAZZ Pianoを選択します。
※このジャンルはリッピングソフトで自動的に付与されますが自分が分かりやすいようにソフトで書き換えも可能です。
弊店ではJAZZは「JAZZ+楽器の種類」にしております。
b0292692_16143629.png






Chick Coreaを選択します。
b0292692_16143783.png






Return to Foreverを選択します。
b0292692_16143744.png






1曲目のReturn to Foreverを選択します。
(アルバムの全曲を一括選曲する場合はジャケット写真をタップします)
b0292692_16143834.png






右半分のプレイリストに選曲されたReturn to Foreverが表示され
再生が始まります。
b0292692_17263670.png
左下部の切り替えで3パターンのPlaylist追加が可能です。
・Play Now 選曲したら即再生
・Play Next 選曲したものが再生中の曲が終わった次に再生
・Play Later 選曲したものが一番下(最後)に予約






N1A/2の表示部分です。
b0292692_17262901.jpg







D-06uの表示はサンプリング周波数のみです。
CDのリッピングなので44.1kHzとなります。
b0292692_17263098.jpg







続いてDSDデータ、Diana Krallの"Stop This World"を選曲するとします。
様々な検索方法がございますが今回はファイル形式から検索します。
Kinsky画面の左上<Backでフォーマットを選択します。
b0292692_17263113.png







dsfを選択します。そのあと2.8MHzを選択します。
b0292692_17263277.png
b0292692_17263388.png







The Girl In The Other Room...を選択します。
そのあとStop This Worldを選択します。
左下がPlay Nowになっている場合は選択したら、直ぐに再生します。
b0292692_17263402.png
b0292692_17263515.png





次回「ミュージックライブラリーDELAのN1A/2を接続 その3」に続きます。

オーディオ専門店SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。



[PR]
by solotaudio | 2017-04-21 18:47 | ネットワークプレーヤー | Comments(0)

DS Audioの光電式カートリッジDS002を試聴しました。


DS Audio DS002 Cartridge (税別¥200,000)
b0292692_16263956.jpg


DS Audio DS002 Equalizer (税別¥250,000)
※デモ機のため内部構造が見える仕様です。
b0292692_16270756.jpg
b0292692_16265427.jpg
b0292692_16272229.jpg

光電式カートリッジは
40年以上前に考案された画期的な方式でしたが、当時は製造難度が高すぎたため早々に販売を終了されたようです。
DS Audioのサイトはこちらです。
仕様の説明は省略致します。

様々なレコードを試聴しました。
レコードの溝に対して
正確な振幅により、正確に発電をし、正確な波形を作り出した音に聴こえます。
ちなみにデジタルの介在はありません。
また従来のカートリッジによくある心地よさを伴った個性はありません。
カチッとしていて「何も足さない何も引かない」感じです。
サーフェスノイズも良い意味で「何も足さない何も引かない」ように聴こえます。
この音は個人的に好きです。
簡単に言いますと「真にクオリティが高い音」です。
オーディオ機器の上流部分として非常に重要です。
DS Audioの光電式カートリッジは
モニター的でありリファレンス的なカートリッジとして
孤高の地位を築かれる存在に思われます。
スピーカーで例えるとB&WのD3シリーズに似た感じでしょうか?
的外れな発言かな?

以上、私の独断インプレッションでした。



オーディオ専門店ソロットオーディオのホームページはこちらです。









DS Audio DS002






[PR]
by solotaudio | 2017-04-08 18:48 | カートリッジ | Comments(0)