お問い合せが多いスピーカー、ATCの「new SCM7」。


b0292692_17310985.jpg

ATC new SCM7 ¥160,000 (2 本 1 組、税別)
メールやお電話でご質問をお受けすることが多いスピーカーです。
「どんな音がするのか?」
「接続するアンプの最低限のグレードは?」
「真空管アンプでも大丈夫か?」

b0292692_17312212.jpg


音に関して申し上げれば
密閉型特有な締まった音でさほど低域に量感はありません。
沈み込む深さはありません。
その代わり鋭いパンチを浴びせてくるように音に力があります。
情熱のような。
それが、このスピーカーの最大の魅力です。

繊細感はほどほどで同クラスのB&Wの方がそこに関しては圧倒的に上回っています。

ピアノでよく判るのですが
良い意味でATCのフィルターを通ったクリアー過ぎない雑味が残るところがあります。



b0292692_17302637.jpg
b0292692_17301600.jpg
b0292692_17305682.jpg



「接続するアンプの最低限のグレードは?」
「真空管アンプでも大丈夫か?」
b0292692_17294112.jpg


ATCのスピーカーは強力なアンプが必要だとかセパレートアンプが必要だとか言われておりますが

b0292692_17291702.jpg


弊店ではマランツのPM8005(トランジスター、100W×2)や
トライオードTRV-88SER(真空管、35W×2)で十分、良い音がします。
但し能率が低いので他のスピーカーよりボリュームは高めになります。
当然、ATCに限らずグレードが高いアンプを接続すれば出てくる音ももっと良くなると思います。


b0292692_17295267.jpg



一番はご自身で試聴されることです。
ぜひ、愛聴盤をご持参で来店下さい。
お待ちしております。

オーディオ専門店 SOLOT AUDIO
ホームページはこちらです。













ATC new scm7









[PR]
# by solotaudio | 2017-03-03 18:49 | スピーカー | Comments(0)

SFORZATO(スフォルツァート)のマスター・クロック・ジェネレーターPMC-03を試す。

先日、スフォルツァートのネットワークプレーヤーDSP-05のユーザー様のご要望で
マスター・クロック・ジェネレーターPMC-03(税別定価¥288,000)をスフォルツァート様からお借り致しました。

b0292692_14290139.jpg

↓スフォルツァートのウェブサイトのコピーです。
b0292692_15060137.jpg







試聴機のネットワークプレーヤーDSP-05に接続しじっくり試聴致しました。
PMC-03が最大限実力を発揮するのは電源ON後、1週間後とのことです。
b0292692_14285063.jpg
スイッチ類はパワースイッチだけで背面にあります。接続はBNCコネクタとなります。
b0292692_14293142.jpg

3点支持でごついスパイクが取り付けてあります。
スフォルツァートの製品はほとんどが質実剛健な造りになっております。
b0292692_14291767.jpg

専用アプリで「Clock Input」をInternalからExternalに変更します。
b0292692_14353770.png
b0292692_14354567.png



ここからは私の独断インプレッションとなります。

クロックをInternal(DSP-05内臓クロック)とExternal(PMC-03)を切り替えてじっくり試聴致しました。
総じてPMC-03にするとフォーカスがシャープに合うように様々な音が見えてきます。
ソフトに入っている情報を正確に描き出しているようです。

他に気づいた点ですが
ボーカルなど中心に定位する口が小さくなります。
またソフトによりますが高さ表現が出るものはしっかり高さが出ます。

今回、外部クロックの接続で、その性能にもよりますが効果がハッキリ出ることを確認致しました。
全てのデジタル再生機器に接続は出来ませんが
スフォルツァートの全てのネットワークプレーヤーには接続が可能です。
すなわちグレードアップが可能と言うことです。
上位機種の新製品も出てきており、お薦めです。

 SOLOT AUDIO







sforzato スフォルツァート ネットワークプレーヤー マスタークロック PMC-03 PMC03








[PR]
# by solotaudio | 2017-02-22 18:46 | ネットワークプレーヤー | Comments(0)

ハーベス(HARBETH)フェア開催中。

b0292692_16575902.jpg
ハーベス(HARBETH)フェアを1月31日まで開催しております。

期間中はハーベスのスピーカーをセール価格でご提供致します。
さらにKIMBER KABLE社のSPケーブルKWIK12を6mプレゼント致します。
対象機種:HL-P3ESR、Monitor20.1HG、HL Compact 7ES-3、Monitor30.1、Monitor30.1HG、Super HL5Plus





b0292692_16563634.jpg
期間中のみとなりますが、
BBCモニターLS3/5aの系譜となるHL-P3ESRとMonitor20.1HGの聴き比べが可能です。
両機とも音楽を緻密に描きだします。
サイズ、ユニット、ネットワーク等すべて同じものとなりますが仕上げの違いで音が若干異なります。
仕上げはHL-P3ESRがチェリー、Monitor20.1HGがハイグロス・ブラックになります。
違いをお聴きください。



          Hand made in Englandです。
b0292692_16573711.jpg
b0292692_16575712.jpg
b0292692_16573820.jpg
b0292692_16544250.jpg
b0292692_16573192.jpg

またロングセラーのHL Compact 7ES-3は常設の試聴機として展示しております。
ぜひこの機会に愛聴盤を持参いただき、ご試聴下さい。
お待ちしております。

  SOLOT AUDIO







harbeth ハーベス HL-P3ESR、MONITOR20.1HG、HL-COMPACT7ES3 MONITOR30.1、MONITOR30.1HG、SUPER HL5PLUS




[PR]
# by solotaudio | 2017-01-13 18:39 | スピーカー | Comments(0)

2017

b0292692_09163717.jpg
1月4日(水)から営業いたします。


ソロットオーディオがテレビに映ります。
1月7日(土)朝9:30〜 UX新潟テレビ21
まるどりっ!の「旅してちょうない」のコーナーです。
ぜひ、ご覧ください。

b0292692_12033067.jpg


SOLOT AUDIO










まるどりっ! SOLOT AUDIO ソロットオーディオ






[PR]
# by solotaudio | 2017-01-01 09:30 | Comments(0)

クリーン電源システム「LUXMAN ES-1200」を試しました。

b0292692_17232794.jpg
LUXMANの新製品
クリーン電源システム「ES-1200」を試しました。
仕様の説明は省略致します。


b0292692_17205213.jpg
b0292692_17262182.jpg

繋いだ機器は
アンプがLUXMANのL-550AXII、CDプレーヤーがDENONのDCD-2500NEです。
ちなみにスピーカーはB&WのCM6S2です。




b0292692_17204967.jpg
上記の写真、表示されている数字の左「1.0」が弊店の電気の入力歪率です。
右の「0.1」が出力歪率となります。
1.0%が0.1%に改善されることになります。
デモにお越しいただきましたラックスマンの営業さんいわく
この1.0%は非常に優秀な電源環境だそうです。
3%以上あるのが常のようです。
写真はございませんが入力電圧も100Vジャストでした。





b0292692_17222912.jpg
「209」は消費電力209VAとなります。


ES-1200を使用しない音と使用した音を比較しました。

入力歪率1.0%でも改善効果は出ますね。
やはり聴感上の歪感が減りスーっと音の見透しが良くなります。
よく言われるクリーン電源を使用するデメリットとして
音が支配される、音がやせる等は感じません。
言葉では難しいのでここまでとします。
聴いていただけないと良さが判りません。

またこの機器の良いところは重量が17.5㎏で軽量です。
発熱もほとんどございません。

様々なアクセサリーに投資されたり
機器を買い替える前に試されてはどうでしょうか?
ES-1200の導入でシステムの音が間違いなくグレードアップします。

弊店から配達が可能なエリアのお客様に限りますが
メーカーからデモ機を借りて持参できます。
お気軽に問い合せ下さい。

 SOLOT AUDIO









クリーン電源システム LUXMAN ES-1200 ES1200 ラックスマン ES1200











[PR]
# by solotaudio | 2016-12-16 19:40 | 電源関連 | Comments(0)