タグ:PCオーディオ ( 4 ) タグの人気記事

リッピングソフトとして「Music Center for PC」を試してみたら・・・


b0292692_20081180.jpg
ファイルウェブの記事サイト https://www.phileweb.com/news/d-av/201711/21/42650.html






SONYの「Media Go」が2017年12月末に配布終了を予定していて
後継ソフトが「Music Center for PC」になることを上記のファイルウェブの記事で知りました。
今まで当店ではCDのデータファイル化で使用するリッピングソフトにフリーソフトではMedia Goを推奨しておりました。
使いやすい画面であることやデータベースにグレースノートを使用しタグ情報が確実に貼りつくからです。
また日本のアーティストの場合、他の海外の有料リッピングソフトで無反応なものもMedia Goなら確実にOKでした。
このように非常に重宝していたソフトでお客様にも推奨してきたこともありましたので
今回、後継のMusic Center for PCを検証いたしました。
但し、リッピング機能のみです。
結論を先に言いますと、さらに使いやすくなっております。





b0292692_14183027.jpg
まずはこちらからMusic Center for PCをダウンロードします。https://musiccenter.sony.net/ja/





b0292692_15221190.jpg
インストール後
ソフトを立ち上げリッピングするCDをドライブにセットするとこのような画面が出ます。
まずは要所の設定を行います。





b0292692_15221194.jpg
重要な部分でフォーマットを初期のAACをFLACに変更します。





b0292692_15221043.jpg
リッピングした音楽ファイルを格納するフォルダを指定いたします。
NAS内の1つのフォルダにダイレクトでもOKですがPC内のフォルダに一時保管してから自己ルールで分けたフォルダーに移すやりかたもあります。
このようにしておきますとNAS内のサーバーソフトによる検索で困難になりそうなものはフォルダー検索でたどり着けるようになります。





b0292692_15221023.jpg
後継のMusic Center for PCで改良されている部分ですが
Media Goでは少々面倒だったアルバムタイトル、アーティスト名、ジャンルの書き換えが簡単に変更できます。
アルバムタイトル、アーティスト名を変更しなければならないことは多くありませんが
ジャンルは自己ルールであらかじめ決めていた方が後のコントロールアプリでスムーズな検索が出来るようになります。
また自己ルールで決めたジャンルはエクセル等に書き出しておくことをお薦めいたします。
ジャンルを変更する時に、そのジャンルのワードをコピーペーストで変更させるためです。
なぜなら同じつもりでジャンルのワードを手入力して全角と半角の間違い、大文字と小文字の間違い、スペースの間違い等で別のジャンルとして設定されるからです。
そのような理由でコピーペーストが確実です。





b0292692_15221146.jpg
ジャケット写真もPC内に置いたデータ(JPEG)に変更が簡単に出来ます。





b0292692_15264038.jpg
最後にチェックを入れて取り込みを開始させます。





ファイル再生で面倒なリッピングですが快適に作業ができる「Music Center for PC」を推奨致します。
今回はリッピング作業での大まかな部分の検証でしたがお薦めできます。
今後も引き続き細かい部分を検証したいと思います。
またリッピングやハイレゾを含むファイル再生等に関わることのご相談を承ります。
宜しくお願い致します。


  オーディオ専門店SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。









sony Music Center for PC sony media go リッピング ハイレゾ CD







[PR]
by solotaudio | 2017-11-24 19:45 | ソフトウェア | Comments(0)

PCオーディオ入門(イロハのイ)

PCのイヤホンジャックから直にアンプに接続する方法もPCオーディオかもしれませんが音は??です。

以下の記事はより高音質なPCオーディオにチャレンジされたい方向けの内容になります。


■PCオーディオのしくみ
 音楽のデータをPC内に置き、音楽プレーヤーソフトで再生し、
 そのデジタルデータをUSBケーブルでUSB入力付DACに送りアナログ変換させ、
 アンプに繋ぐしくみです。

■PCオーディオで必要なもの
 パソコン
 USB入力付DAコンバーター+ケーブル類
 音楽プレーヤーソフト(フリーソフトでOK)



パソコンとUSBケーブルで繋いだDAコンバーター
b0292692_16162670.jpg

b0292692_16165686.jpg

 ※USB入力DACは単体機の他、ヘッドホンアンプ、CDプレーヤー、
  ネットワークオーディオプレーヤー、アンプ等に搭載されているものもございます。




■PCオーディオのメリット

操作性
・CDソフトのデータをPCに取り込み保存しPC上の音楽ソフトで再生します。
 PCの音楽プレーヤーソフト上に楽曲が表示されますので検索が簡単で
 クリックするだけで再生できます。
 このことによりCDソフトを収納している棚を探さなくても聴きたい音楽が
 即再生できる環境になり音楽を最大限楽しむことが出来ます。



「ビルエヴァンスのAt Shelly's Manne Holeに入っているラウンドミッドナイトが聴きたい!!」
b0292692_16413174.jpg

b0292692_163521.jpg

b0292692_1635465.jpg

               ↑音楽プレーヤーソフトはSONYの「Media Go」です。



音質
・最新のDACを使いますと間違いなく高音質になります。
・今ご使用中のCDプレーヤーの音質以上になる場合が多くあります。
・ハイレゾ(CDを超える音質)をダウンロード購入して楽しむことが出来ます。
・YouTubeを良い音で楽しみことが出来ます。
・インターネットラジオを良い音で楽しむことが出来ます。



  PCオーディオについて解りやすい書籍がございます。
  「日経BPパソコンベストムック これ1冊で完全理解 PCオーディオ 2013-2014」

  

  パイオニアのCDドライブ開発陣がCDプレーヤーの音質について語られております。
b0292692_17324267.jpg

b0292692_17331276.jpg



■PCオーディオのデメリット
・データが電子データなのでPCの障害等で壊れたり無くなる可能性があります。
 対処としては外付けのストレージ(ハードディスク等)にバックアップする方法があります。
・PC本体から発生するノイズに影響されることがあります。
 DAC本体内で対策されている機器もありますがノイズを軽減させるアクセサリー類も多くあります。



■お薦め音楽プレーヤーソフト
 まずはSONYの「Media Go(windows)」が良いかと思います。
 操作性の良いソフトで音質が損なわれないFLACファイルでリッピング(CDの取り込み)が可能です。


「iTunes」も便利で優秀なソフトですがFLACファイルでのリッピングが出来ません。
  iTunesでリッピング可能な高音質ファイル形式はALAC、WAVがありますが
  将来、他のミュージックプレーヤーソフトやネットワークオーディオプレーヤーで
  再生不可だったり再生出来てもタグ情報(アルバム名、アーティスト名、ジャンル等)が
  表示されないケースもあります。




Media Goをインストールされましたら
リッピング前にこちらの設定を行ってください。



     FLACの設定
b0292692_16545177.jpg




     音楽データを置くフォルダーの設定
b0292692_16542829.jpg



※DAC側の設定も多少ございます。




準備が出来ましたら
あとは感動する音楽を楽しむだけです。





■お客様感想
普段はアナログレコードをメインに楽しまれておられるお客様で
国産の10万円台のSACDプレーヤーもご使用されておりますがデジタルの音質にずっと疑問をお持ちでした。
PCオーディオに取り組まれ、「やっとデジタルの音が楽しむことができる。CDが登場し約30年前からCDソフトを購入せざるをえない状況でやっとCDに対して恨みが晴れた」とのことです。



USB DAC 「FOSTEX HP-A4
b0292692_16572498.jpg





弊店にデモ環境がございますのでご来店時にはご試聴や設定方法のアドバイスをさせていただきます。
またネットワークオーディオプレーヤーも試聴機が多くございます。
お気軽にご来店くださいませ。




SOLOT AUDIO
[PR]
by solotaudio | 2014-03-12 19:53 | PCオーディオ | Comments(0)

SFORZATO(スフォルツァート) DSP-03


株式会社スフォルツァート様からネットワークプレーヤーDSP-03をお借りしました。
来月1月5日(日)までご試聴できます。


DSP-03 ¥680,000(税別)
b0292692_17292318.jpg

ネットワークにてDSDファイル音源が楽しめます。





DSP-03はいち早くネットワークでDSD再生に対応しました。
NASはこれを使います。
DSDデータ配信が可能なバッファローのLS421Dです。
b0292692_1739446.jpg

こちらもお借りしました。
沢山の音楽データが入っております。
ハイレゾPCMの他DSDファイルも多く入っております。







コントローラーとしてiPad miniもお借りしました。
指定のコントロールアプリはMLPlayerです。
b0292692_17482296.jpg

弊店では通常のiPadを使用しておりますが
リモコン用でしたらiPad miniのサイズが丁度良いですね。






DSP-03は電源が別筐体になっております。
ネットワークプレーヤーとしてLINNのMAJIK DSM(プリメインアンプ機能内蔵)のラインアウトと比較試聴が可能です。
b0292692_17473269.jpg






マランツのNA-11S1と比較試聴も可能です。
b0292692_17465318.jpg







ご試聴機は1月5日(日)までです。
機器の比較試聴、DSDとPCMの比較試聴等
ぜひこの機会にお試しくださいませ。
ご来店お待ちしております。



SOLOT AUDIOの年末年始スケジュールは
 12/26(木)定休日
 12/31は10:00~24:00まで
 1/1~1/3はお休みです。
 1/4(土)から通常営業です。
[PR]
by solotaudio | 2013-12-25 19:50 | ネットワークプレーヤー | Comments(0)

ネットワークオーディオプレーヤー比較(国内メーカー)

音楽ファイル再生方法では
おそらくネットワークオーディオプレーヤーより
PCオーディオ(パソコン内の再生ソフトを利用しUSBケーブルでDACに接続)
のユーザー様が多いと思いますが
弊店ではネットワークオーディオプレーヤーをお薦め致します。

音が良いのは当然で
なんといってもパソコンの操作が不要!!
タブレット端末をリモコンとして利用できるメリットがあります。
膨大な音楽データから聞きたい音楽が手元の操作で簡単に引き出せることです。
そこでアプリの▪操作性▪レスポンス▪安定度が重要ポイントになります。


現時点でPCオーディオの優位点はDSD再生が可能なことですが
ネットワークオーディオプレーヤーも
今後はDSD対応のプレーヤーやNASも徐々に増えていくと思われます。
同時に良質なDSD音楽ソフトの提供が充実しないといけませんが・・・






弊店にセッティングしております国内メーカーの
ネットワークオーディオプレーヤーを紹介いたします。
音に関しては全てクオリティ高いものになっております。





パイオニア N-50  (中央です) 
税別定価¥71,239→特別価格になります。
b0292692_19135516.jpg

今、一番人気です。
ディスプレイにアルバムアートが表示されます。
現時点で国内メーカーではパイオニアだけです。
残念な点はコントロールアプリです。
そのうち改善されていくと思いますが。





ヤマハ CD-N500
オープンプライス→特別価格になります。
b0292692_19142989.jpg

今一つ市場で人気がありませんが弊店ではお薦めの機種になります。
音は当然良くて
コントロールアプリが最近のアップデートで良くなりました。
左側から右にフォルダーのツリー(階層)表示をするようになりました。
次に聴きたい曲が別のNASや別のフォルダーに格納されている場合でも
ドラッグ(スワイプ)操作ですぐたどり着けます。
ソフトの起動や選曲時のレスポンスも非常に早く便利です。
あっ、あとCD再生もできます。





マランツ NA7004
税別定価¥93,000→特別価格になります。
b0292692_19161827.jpg

国内メーカーで早い時期に登場したモデルです。
当初、96kHz/24bit迄でギャップレス再生が非対応でしたが
アップデートで192/24、ギャップス再生対応になりました。
他社機に劣っていることはありません。
本体の表示部は大きくて文字が非常に見やすいです。
コントロールアプリは操作性が徐々に良くなってきております。





マランツ NA11S1
税別定価¥330,000→特別価格になります。
b0292692_19165655.jpg

マランツさんの力作と思います。
徹底したノイズ対策や回路設計で音数が違います。
コントロールアプリはNA7004と同じです。
これでLINNのアプリ(Kinsky)と同等性能だったらなー
と思います。





あと弊店では試聴音源がたくさんありますので下記の比較も可能です。
■複数のネットワークオーディオプレーヤーで同時に同曲を再生し比較試聴。
■ネットワークーディオプレーヤーとCDプレーヤーの同時に同曲を再生し比較試聴。
■CDクオリティとハイレゾの同曲比較試聴。
■FLACとWAVの同曲比較試聴。





他に展示試聴機は海外メーカーのLINN DSMがあります。
SNEAKY DSM
b0292692_19182895.jpg

MAJIK DSM
b0292692_1917285.jpg

この2機種はプリメインアンプ内蔵のモデルです。
ひとつの筐体でベストなサウンドを目指した設計になっております。





先ずはお気軽に試聴にご来店下さいませ。



オーディオ専門店
SOLOT AUDIO
[PR]
by solotaudio | 2013-11-26 20:16 | ネットワークプレーヤー | Comments(0)