インターナショナルオーディオショウ2013 その一

4年ぶりにインターナショナルオーディオショウに行ってきました。b0292692_16353998.jpg
まずはLINNのEXAKTです。
簡単にシステムを説明いたしますと
クライマックスDSMの発展形で
コントロール部からデジタル信号を
スピーカーまでもっていき
内臓のデジタルチャンデバでマルチアンプ駆動
させる仕組みです。
デジタル信号を出口ぎりぎりのところまで伝送させ
アンプとスピーカーを最短で接続させる
理想的な仕組みと思います。
あとスピーカーから壁までの距離等をデータ入力し
定在波をなくすことができるようです。
新しい仕組みのオーディオシステムで
DSが登場したときのように少し解りずらいですが
凄いことをスマートに作り上げていることです。

ブースに入場したら既に満席で
左スピーカー側に立って聴きました。
印象としては初めてDSを聴いた時と似ていて
低音域が厚く明瞭で正確な感じです。
それがサウンド全体の解像度を高めており生々しいです。
中ほどの席で聴けばもっと良さが確認できたと思いますが。

写真はスピーカーの裏部分です。
ケーブルはもちろんスピーカーケーブルではありません。
おそらくこれを使っている思います。



SOLOT AUDIO
[PR]
by solotaudio | 2013-11-06 16:00 | オーディオショウ | Comments(0)
<< インターナショナルオーディオシ... Sonus faber MIN... >>