人気ブログランキング |

LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。


LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14441495.jpg
LUXMAN D-10X 税別定価¥1,200,000
製品のサイトは こちらです。




先週末にLUXMANから発売されたSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X をお客様と共にじっくり試聴いたしました。




↓ラックスマンのサイトを抜粋した文章です。

静謐と躍動、音楽性の極みへ―。

高品質な再生の先にある音楽性の極致を発露する―それがフラグシップに求められたもの。

ラックスマンの新しいフラグシップSACD/CDプレーヤーD-10Xは、前身機D-08uで完成された設計思想を継承。

最新の技術と最高スペックのパーツにより高精度な読み取り、高精細な変換、高品位な出力のすべてを一新し

現代のハイエンド・デジタルプレーヤーの理想形を追求したモデルです。

新オリジナル・ドライブ・メカニズムLxDTM-i1を装備。

新ハイスペックDACMUS-IC™」BD34301EKVの世界初搭載。※2

新フルバランス出力アンプODNF-u3への進化。

頂きに立つものだからこそ、挑み続ける―。

デジタルプレーヤーとしての本質を極めたD-10Xが、音楽に陶酔する至高のステージの幕を今開きます。

1 LxDTM-iLuXman original Disc TransportMechanism-improvedの略称です。

2 20204月現在 ラックスマン調べ

3 ODNF-uOnly Distortion NegativeFeedback-ultimateの略称です。






LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352525.jpg
外形寸法が440(幅)×154(高さ)×418(奥行き)mm ですので少々大きいです。別な言い方では立派な外観です。





LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352563.jpg
大きめなディスプレイは4倍ズーム機能をもっておりますので離れた位置でも見やすくなっております。





LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352108.jpg
新設計のドライブメカニズムLxDTM-iは外来振動を遮断します。
またダストプルーフシャッターを装備し防塵と静音制を高めております。


トレイが開閉する際、シャッターも機能いたします。





フロントパネルの周りがこのようになっております。
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352211.jpg
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352208.jpg
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352118.jpg
大変凝った造りで、精緻な感じです。





リアパネルです。
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352384.jpg
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352412.jpg
アナログ出力はカッパーアロイ製の高性能RCA端子、XLRはノイトリック社製を採用しております。
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352334.jpg
デジタル入力は光が2系統、同軸が1系統、USB入力です。
USB入力はアイソクロナス転送に加え高音質なBulk Pet転送に対応しました。
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_14352410.jpg
メイン電源スイッチとACインレットです。
写真を撮り忘れましたが付属の電源ケーブルはLUXMANのトップエンドモデル専用の JPA-15000です。





やっと音のことですが間違いなく凄く良い音です。
一番感じる部分は「滑らかな質感」です。
その「滑らかな質感」になる理由は
SNが良く歪みが少ないことによるものだと思いますが。
新採用のローム製DACが効いているのでしょうか?
ボーカルで例えると少しハスキーでうるさい感じだなと思っていた部分がうるさく無いのです。
決して情報量が少なくなっているのではなく、ハスキーな声が非常にリアルになっているのです。
そのような音なので立ち上がりが早いアタック音が刺さらず生っぽく心地良く聴こえます。
またSNが良く歪みが少ないことで聴こえてくる音数が多く音像定位もしっかりします。
D-10Xを試聴後、他の機器で同じソフトを聴くと若干雑味が感じられ、ある意味、困りました。
良い音の印象は強く残りますね103.png





私が1988年に買ったCDソフト
Life In The Modern World / The Crusaders
(32XD-1060)
LUXMAN(ラックスマン)のSACD/CDプレーヤーのフラグシップ D-10X を試聴いたしました。_b0292692_17192192.jpg
当時、私は某オーディオショップに勤めておりまして
このソフトは個人用として、また店での試聴用として購入いたしました。
当時としては少し画期的な「DDD」すなわちフルデジタル工程で製作された作品で雑誌のレビューも高評価だった記憶があります。
「音が良い」ぜひ聴きたいと思い購入いたしました。

がっ・・しかし・・

当時のCDプレーヤーで再生した音ははっきり悪かったです145.png
音がダンゴでほぐれず平面的なのです。イライラする音です。
高額なプレーヤーでもダメでした。
お客様にお聴かせした時、「何、これ」の反応でした。
CDフォーマットである44.1kHz/16bitに変換する際に何か劣化する要因があったのでしょうか?
このソフトはCDプレーヤーに厳しいと思い、それ以来あまり聴いておりませんでした。

久々に思い出しこのソフトをD-10Xで再生いたしました。
以前と全然違って音がほぐれ見透しが良く伸びやかな素晴らしいサウンドなのです。
クルセイダーズの演奏と緻密なアレンジが聴きごたえあるのです。
ゲストのイヴァン・リンスのボーカルも最高です。
音が悪いと思っていたソフトがエッとなるほど高音質で再生出来ました101.png

最先端のCDプレーヤーがもたらすサウンドはあらためて凄いと思いました。
やはり、かなり進化していますね。

あっ、お伝え忘れました。
ハイレゾのMQA-CDも再生出来ます。
もちろん、良い音です。

SOLOT AUDIOはあらためて言います。
「最上流はとても重要です」




オーディオ専門店 SOLOT AUDIO



追伸
通販サイトを開設いたしました。
ソロットオーディオ専門店 です。
アイテムをどんどん増やしますので今後もどうぞよろしくお願いいたします。















LUXMAN ラックスマン d-10x luxman ラックスマン d10x







by solotaudio | 2020-07-14 18:50 | CDプレーヤー | Comments(0)
<< DELA の光アイソレーション... ハイレゾCDが聴ける TRIO... >>