人気ブログランキング |

カテゴリ:プリアンプ( 5 )

フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。

b0292692_14042005.jpg





以前展示しておりました DCP-110 が急遽生産終了になり上位機種となりますが DCP-240-VR50 を取り揃えました。
DCP-240 のサイトは こちら です。

DCP-240はボリュームのグレードで2仕様ございます。
■通常VRモデル(アルプス社27型) DCP-240-VR27  税別定価¥300,000円
■高級VRモデル(アルプス社50型) DCP-240-VR50  税別定価¥450,000円
b0292692_14282901.jpg

アルプス社の50型と27型のボリュームです。見た目が全然違います。







昨今、音の良いプリアンプとなると少々お高い製品が多い中で DCP-110 は税別定価が20万円ちょうどのお手頃の価格だったのですが生産終了となりました。オーディオデザイン社に聞くとプリアンプの注文はフルバランス構成の DCP-240 ばかりで、しょうがなく生産終了にしたとのことです。 DCP-110 はRCAのみの入出力だったのでバランス対応の需要が多いこともあったようです。






b0292692_14032896.jpg
シンプルな綺麗なデザインです。必要最小限のスイッチ類が配置されております。






b0292692_14032514.jpg
Gainスイッチはフラットアンプ経由の 15dB と経由しない 0dB の切替ができます。

取扱説明書には
「通常は 15dB がお勧めでCDプレーヤーやDACの出力が特に大きい(4V以上)場合、 0dB で使用して下さい」となっております。
店の機器で 0dB を試しましたが音がかなり小さい結果となりました。






b0292692_14032670.jpg
b0292692_14042015.jpg
Band Balance は帯域バランス調節で 630Hz を中心とし高域と低域の量を調節できます。
操作がシンプルなプリアンプですが、このスイッチはかなり有効です。
トーンコントロールを毛嫌いされる方が多いですが、この可変式ではない5段切替式はさじ加減が絶妙で丁度良い感じに調整ができます。
ご購入されましたら部屋も含めシステムやソフトの音のバランス調整で積極的に使っていただきたいスイッチです。






b0292692_14042042.jpg
当店の JBL 4367WX で聴く場合はこの位置(高域-1dB、低域+1dB)が丁度良いです。
なぜなら 4367WX から試聴位置まで2メートルと近いためコンプレッションドライバーの音が少し強いからです。
しかしながら至近距離で 4367WX を聴くのも良いですよ。






b0292692_14032687.jpg
ボリュームつまみは外形 50mm のアルミ削りだしの大型で操作しやすいです。
またパネルの厚みが 1cm で高級感があります。






b0292692_14032792.jpg
入力は4つです。






b0292692_14032846.jpg
リアパネルです。
b0292692_14032925.jpg
入力の1と2はRCAアンバランスまたはXLRバランスのどちらかを接続できます。






b0292692_14032991.jpg
出力が3系統あり同時に出力されます。ぜひバイアンプで試したいものです。
(今後、当店にて試します)






b0292692_14042175.jpg
電源インレット部分です。
電源ケーブルは一般的に付属品と呼ばれるグレードのものになります。
左下に当然ですが Made in Japan の文字があり安心いたします。






b0292692_14032896.jpg
入荷当初は少々、高域に若干きつさがあったのですが使い始めて3週間ほど経過した現在はフラットなバランスになっております。
以前の DCP-110 はシャープで明るい音でしたが、それと比較すると音のチューニングがなされたのか程よい感じに聴こえます。
言葉にすると難しいのでここまでとしますが素晴らしい音です。





b0292692_14041930.jpg
現在、相性としては抜群の同社のパワーアンプ DCPW-240 を接続しております。
ぜひ、ご愛聴ソフトを持参されオーディオデザイン社の最新モデルをお試しください。
宜しくお願いいたします。





オーディオ専門店 SOLOT AUDIO のホームページは こちら です。











audio design オーディオデザイン dcp-240
dcp240 dcpw240


by solotaudio | 2019-04-10 18:43 | プリアンプ | Comments(0)

SPEC社の新製品、プリアンプRPA-P5とプリメインアンプRSA-G1を試聴しました。

新製品2機種を短時間でしたが試聴致しました。

まずはプリアンプRPA-P5 税別定価¥450,000
b0292692_15341914.jpg
b0292692_19075711.jpg
b0292692_1534357.jpg
b0292692_15345858.jpg
b0292692_15575219.jpg
店にあるSPECのパワーアンプRPA-W5STと接続し試聴いたしました。


                店に常設のパワーアンプ RPA-W5ST
b0292692_1659153.jpg

このプリアンプはRPA-W5STとマッチングが良い製品になっております。
プリとパワーのボリュームコントロール端子を結線し、プリのボリューム(入力の減衰)を使用せずパワーアンプ内の電子ボリュームを使うことが可能です。
その出力端子は3系統を装備しており、RPA-W5STをモノラルやバイアンプとした場合、最大3台を同時にコントロールできます。

b0292692_16134527.jpg


短時間でしたがRPA-W5STの音楽を生き生きと再現する良さがそのままに。
まさに息がぴったり合った組み合わせです。



パワーアンプのRPA-W5STは入力感度が高いためプリアンプ(他社製)の性質やスピーカーが高能率な場合は残留ノイズ「サーーー」が聞こえる場合があります。
その場合はゲイン切り替えスイッチ(MAX⇔-6dB)を-6dBに合わせると軽減致します。
音色等はプリアンプの支配力が高まります。
ご使用中のプリアンプと接続することを前提でRPA-W5STをご購入をお考えのお客様は
弊店にてお貸出しが可能ですので事前にご自宅試聴をお薦めいたします。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




プリメインアンプのRSA-G1です。税別定価¥380,000
パワーアンプのRPA-W5STがベースになっています。
サイドと下部に木材が使用されており質感良く綺麗な仕上げになっております。

b0292692_15352192.jpg

b0292692_19091625.jpg


スイッチ類は、パワースイッチと入力切替とボリュームのみです。
b0292692_15375357.jpg

持ち込まれた試聴機は製品版でないためリアパネル面に表示がされておりません。
入力はXLRが2系統、 RCAが3系統です。
b0292692_15354015.jpg

b0292692_15381230.jpg

b0292692_15381994.jpg


サイドパネル・インシュレーターにスプルース材アンダーベースを追加採用した構造です。
この仕様は特許を取得されているそうです。
当然ながらこの部分も音決めの要素になっております。
b0292692_15382829.jpg

b0292692_15383860.jpg

b0292692_1539451.jpg

多くを語りませんがRPA-W5STに通ずる質感があります。


プリアンプRPA-P5とプリメインアンプRSA-G1は店に試聴機がございませんがスペック社から借りることが可能です。
ご試聴を承ります。お気軽にご連絡下さい。


 SOLOT AUDIO







スペック SPEC RPA-P5 RPAP5 RSA-G1 RSAG1 RPA-W5ST RPAW5ST



by solotaudio | 2016-09-13 19:44 | プリアンプ | Comments(0)

AudioDesign(オーディオデザイン) DCP-110

b0292692_15225020.jpg

オーディオデザイン社のプリアンプDCP-110を試聴機として揃えました。
税別定価¥200,000





このプリアンプを揃えた理由は、昨今高音質なプリアンプとなると多くは高額なものになり
真にCPが高い製品をお客様に提案したい思いがありました。
b0292692_1355879.jpg




まずフロントパネルですが厚みが10㎜もありハイグレード機器の面構えになっております。
またボリュームつまみは外径50㎜厚さ30㎜のアルミ削り出しで重厚感があります。
b0292692_13552082.jpg




リアの端子は程よい間隔で精緻に取り付けてあります。
b0292692_13552828.jpg




OUTPUTにバイアンプ駆動させるための端子がございます。
Bufferedと書かれているこの端子はバッファーアンプを通過します。
接続方法はボリューム調整ができるVar(バリアブル)に高域側パワーアンプ、Fixに低域側パワーアンプを繋ぎます。
同時にバッファーアンプを通さないDirect端子にサブウーハー等を接続することも可能です。
b0292692_13553697.jpg

通常で使う場合、BufferedFixとDirectのどちらに接続するか?取説ではBufferedFixを推奨されております。



このプリアンプの回路上の特徴は入力直後にフラットアンプで増幅した後にボリュームを通す方式で他のプリアンプと逆になっております。
またフラットアンプ基板の新設計等で低歪高出力回路になっております。
この仕組みでソースのダイナミックレンジ低下を抑制しています。





弊店にあるパワーアンプと接続し試聴しました。
総じて良い意味でエッジ感が無い音です。
そうなると定位が曖昧かと思われますがそのようなことはありません。
交響曲はきちんと奥行とともに各々の楽器が明瞭に定位します。
同時に響きが豊かで余韻に膨らみを感じさせます。
やはり基音と倍音がきちんと再現されるからでしょうか。
ボーカルでは発せられる声が消え入る時の息がフッとなる瞬間や歌の抑揚による抑えたブレス、深いブレスの息づかいがリアルです。
言葉にすると難しいのでここまでとします。




あらためてプリアンプの支配力がある音を聴くとシステムの中で重要な位置づけの機器だと考えさせられます。




時どきオーディオ雑誌等で紹介され高い評価をされるこのメーカーの製品は決してメジャーではありませんが興味がある方は多くおられると思います。
ぜひご来店いただきましてDCP-110の実力をお聴き下さいませ。


 SOLOT AUDIO
by solotaudio | 2015-04-24 19:50 | プリアンプ | Comments(0)

OCTAVE HP300SE


オクターブのプリアンプHP300SEを試聴機として揃えました。


現在のセッティングは

プリアンプ OCTAVE HP300SE

パワーアンプ First Watt SIT2

スピーカー JBL 4365



ご試聴にお越し下さいませ。
SOLOT AUDIO
by solotaudio | 2014-02-07 19:55 | プリアンプ | Comments(0)

BURSON AUDIO SOLOIST

試聴機として今井商事様からお借りしました。
プリアンプ・ヘッドホンアンプ「SOLOIST」です。
標準価格 ¥105,000(税別)
b0292692_1933209.jpg

プリアンプの相場価格からすれば低価格ですが
ハイクオリティな製品になります。
b0292692_1959051.jpg

9月24日(火)までご試聴できますのでご来店お待ちしております。
なおヘッドホンでご試聴されるお客様はヘッドホンをご持参下さいませ。

ご参考
http://www.imaico.co.jp/burson/index.htm


SOLOT AUDIO

by solotaudio | 2013-09-13 20:04 | プリアンプ | Comments(0)