人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回

エソテリックです。
写真はスケジュール的なことで途中退席しこの1枚です。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_14424661.jpg


エソテリック渾身の作品グランディオーソの音を確認したく参りました。
柳沢功力氏のプレゼンで音源はエソテリックが発売しているSACDソフトがメインでした。

セッティングされていた機器はグランディオーソのフルラインナップと
スピーカーがアヴァンギャルドのtrio Ω G2 classicoとbasshorn G2 。
総額2110万円(税別)になります。

グランディオーソはそれぞれがモノラル構成で電源部を別筐体にし
全部で8筐体と大掛かりなシステムになっています。
重量を調べましたら8筐体合計で273㎏でした。セッティングが大変ですし
その後のセッティング変更なんかしたくない重さですね。

アヴァンギャルドですが数年前のショウで他のモデルを聴きました。
当時はホーンから放出される音が強烈過ぎて鼓膜が本当に痛かったのですが
そのような先入観があって今回聴いたら全く違う洗練された素晴らしいサウンドでびっくりしました。
演奏されたソフトが良かったこともありオーディオ機器を意識させない音が出ていました。
オーディオの音から突き抜けた感があり音楽に陶酔できる音でした。
もちろんエソテリックのフラグシップとアヴァンギャルドのフラグシップであるから成しえたものと思います。







TADです。

先にタイムロードのブースで聴きまして好ましく思いました。
新製品TAD-CE1のサウンドを再確認です。

開発担当アンドリュー・ジョーンズ氏のプレゼンです。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_19205962.jpg


ハイレゾの音源を使うための手段でプレーヤーソフトAudirvanaでのファイル再生でした。音が良いソフトです。
他のブースでも多く使われています。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_1923979.jpg


DAコンバーターがTAD-DA1000、プリアンプがTAD-C600。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_19231991.jpg


パワーアンプがTAD-M600(モノラル構成)
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_19232798.jpg


サイズを超えるマッシブなサウンドです。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_1923067.jpg

サイドに特殊な形状のバスレフポートがあります。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_1923355.jpg

固有の響きは一切感じられません。
深いダイナミックレンジ感をもつサウンドです。
比較的小型なスピーカーですが実力が突き抜けています。










太陽インターナショナルです。
今年のショウの大トリをつとめるオーディオ評論家の傳信幸氏のプレゼンを聴きました。
傳さん少々お疲れ気味でした。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_13224948.jpg


送出しは昨年と同じdCSのVivaldiとプリアンプJeff RowlandのCorus。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_1113884.jpg


パワーアンプも昨年と同じ両脇のJeff RowlandのModel 925。(中央はModel 825)
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_111334100.jpg


最初のスピーカーは太陽インターナショナルがここ最近取り扱いを始めた
Rockport TechnologiesのAvior。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_11314423.jpg

Avalon製品をピアノブラックにしたような外見です。
サウンドは外見からイメージするものとは違い響きにふくよかさや丸みがあり暖色系です。





次のスピーカーがAvalon AcousticsのIsis。
ここ数年このブースのメインスピーカーとして不動の地位を保っております。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_11285864.jpg

dCS+Jeff+Isisの組み合わせはまさに横綱です。総額3298万円(税別)。
細かいことは言いません。
ただただ最高です。


2014東京インターナショナルオーディオショウ その4 最終回_b0292692_1328674.jpg

講演が終わったあとに小音量でアラン・パーソンズ・プロジェクトのアイ・イン・ザ・スカイが ♪Don’t think sorry’s easily said~~~
やっぱ良いですね!小音量でも!!





今年は目新しい製品が多くなかったのですが昨年より良い音が多くあったように思います。また喜ばしいことに国内メーカーのレベルの高さを感じました。
そして各メーカーさん商社さんの努力で機器だけでなく、この国際フォーラムでのセッティング等のノウハウが積み重なって良い音に繋がったのだと思います。

インターナショナルオーディオショウはオーディオを趣味とされている方はもちろんのことオーディオが解らなくても音楽好きな方にぜひ来場してほしいですね。

タダで(今のところ)最新のそれも各メーカーのフラグシップモデルが聴けて、それのレベルか確認でき、またある方には目指す音のお手本が多く聴けるわけですから。
音楽を良い音で聴くことが本当に楽しいと再認識できるショウです。
インターナショナルオーディオショウありがとう!!!


来年は9月の金土日に開催予定です。




  SOLOT AUDIO

by solotaudio | 2014-10-09 18:50 | オーディオショウ | Comments(0)

2014東京インターナショナルオーディオショウ その3

タイムロードです。

2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_1223443.jpg

CHORD社のフラグシップ機器とTAD社の新製品スピーカーTAD-CE1がセットされておりました。



こちらには私が最近のデジタル機器で感銘を受けたDAコンバーターHugoの設計者ロバート・ワッツ氏の開発秘話が聴けるとのことで参加しました。
オーディオ評論家の和田博巳氏、角田郁雄氏もおられました。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_1223569.jpg

人間の脳の音声認識力やFPGAを最大限活用した設計等の難しい話でした。
通訳の方も難解な技術用語を訳すのに苦労されておりました(苦笑)

Hugoのサウンドは弊店にて十分試聴しております。超お勧めDAコンバーターです。







アクシスです。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_13275719.jpg

このショウで日本初披露のスピーカーです。
Wilson Audioのフラグシップスピーカー、アレクサンドリアXLF、税別2920万円。
オーディオ評論家の柳沢功力氏のプレゼンで聴きました。
柳沢氏も初試聴で演奏中に数回ほど席の後ろ側に行って聴いておられました。
当然ですがこの場での評価のお言葉はありませんでした。





      デカッ
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_13281647.jpg

天井が高く一番広いブースですが朗々と鳴っておりました。







フューレンコーディネートです。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_14532517.jpg


プリアンプ オクターブHP700
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_14533669.jpg

2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_1454857.jpg


ベーゼンドルファーの再来 Brodmann VC7が鳴っていました。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_14534833.jpg

過去のショウでベーゼンドルファーを聴いて感動した記憶がよみがえりました。
絶対にピアノ演奏が得意なんですよね。
タイミングよく私の好きなキースジャレットのケルンコンサートが演奏されました。
・・・ゾクッと・・・鳥肌ですね。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その3_b0292692_14535927.jpg





2014東京インターナショナルオーディオショウの報告はまだ続きがございます。

  SOLOT AUDIO

by solotaudio | 2014-10-06 18:48 | オーディオショウ | Comments(0)

2014東京インターナショナルオーディオショウ その2

LUXMANです。

聴いたのは
 SACDプレーヤーD-06u 税別定価¥580,000(弊店に試聴機がございます)
 新製品のコントロールアンプ C-700u 税別定価¥580,000
 新製品のステレオ・パワーアンプ M-700u 税別定価¥580,000
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_1648146.jpg
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_16481170.jpg

全て58万円で良識ある製品と思います。50万前後の製品の中で自信をもって推奨品☆☆☆とさせていただきます。
(スピーカーはソナス・ファベールElipsa 税別定価¥2,750,000/ペア)








エレクトリです。

オーディオ評論家の三浦孝仁氏のプレゼンを聴きました。
三浦氏も使っておられ一押しのスピーカーMAGICO Q3(税別定価¥6,200,000/ペア)のデモです。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_1730288.jpg

送出しがMETRONOME TECHNOLOGIEのトランスポートCalypso CD TransportとDAコンバーターCalypso-DAC
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17305159.jpg

プリアンプがPASSのXs-Preamp
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17303670.jpg

パワーアンプがPASSのXA160.8
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17315041.jpg


アルミニウムのエンクロージャーで内部もガチガチに補強されておりますが全く金属的でなく正確無比なサウンドです。
但しアンプのドライブ力がそれなりに必要と思われます。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17312879.jpg
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17313721.jpg


NORDOST社製の超高価なスピーカーケーブル。踏んじゃダメ!!
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17315775.jpg



ファーストワットの新製品パワーアンプF6 12月発売予定。
2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_17292125.jpg

2014東京インターナショナルオーディオショウ その2_b0292692_1730516.jpg

間違いなく良さそうなパワーアンプですね。



 SOLOT AUDIO
by solotaudio | 2014-10-04 20:52 | オーディオショウ | Comments(0)