<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Audio DesignのパワーアンプDCPW-240を試聴致しました。そして発注致しました。

b0292692_17163363.jpg
ステレオパワーアンプ オーディオデザインDCPW-240 税別定価¥500,000
最大出力:RCA 100W×2 8Ω  
    :XLR 270W×2 8Ω ※XLR入力時はBTL駆動となります。
サイズ :260(W)×290(H)×360(D)㎜  質量:18kg






あるお客様がご試聴を希望されオーディオデザイン社からDCPW-240の試聴機をお借り致しました。
昨年末ステレオサウンド社の2017ベストバイでグランプリを獲得されていることもあり私自身もこの機器を試聴したいと思っておりました。
また当店では以前からオーディオデザイン社製品の音の良さを認識しており3年ほど前からプリアンプDCP-110を試聴機として展示しております。
b0292692_17163232.jpg
b0292692_17163129.jpg

ステレオサウンド誌205号119ページ。






b0292692_17163585.jpg
筐体はオールアルミ製タワー型シャーシーとなっております。
b0292692_17163449.jpg

かなり厚みのあるアルミニウム板で囲われております。
当店がある燕市は金属加工の街ですが、金属加工に携わっているお客様曰く「凝った造りになっている」とのことでした。

b0292692_17163244.jpg

内部は2階建てで下部に電源部、上部にアンプ回路が収まって
高性能を引き出すことができる合理的なレイアウトとなっております。






b0292692_17163141.jpg

基板上のLEDで内部が品よく橙色に光ります。






b0292692_17163413.jpg
入力はRCAとバランスがございます。
バランス入力ではBTL駆動となり最大出力が270W×2(8Ω)となります。






試聴で接続した機器はこちらです。
■ネットワークプレーヤー SFORZATO DSP-05
■ネットワークプレーヤー LINN AKURATE DS/K (DCPW-240にXLR直結)
■プリアンプ OCTAVE HP300SE(RCA,XLR)
■プリアンプ AUDIO DESIGN DCP-110 (RCA)
■スピーカー JBL 4367WX
■スピーカー HARBETH HL COMPACT 7ES3
■スピーカー B&W 805D3

b0292692_17163590.png

iPadで選曲し試聴致しました。






このパワーアンプは素晴らしいですね。
低域から高域まで溢れ出すエネルギーで音楽がひときわ躍動します。
またパワフルでありながら細やかな部分もしっかり描き出します。
とりわけ低音域の描写力です。
超低域まで引き締まっており、そこが不鮮明な再生になりがちなソフトも明瞭に再現します。
試聴したJBL4367WXの低域は少々緩い感じがありますので相性が良いです。
ウッドベースやピアノの低弦の解像力が凄いです。

ボーカルを多く聴きましたが、血の通った人間が発声した熱さを感じ情感がにじみ出ます。
試聴曲でJames BlakeのLimit to Your Loveの聴きどころは超低域の部分もありますが
通常のボーカルに自身のエフェクトかけたボーカルを重ねている(ユニゾン)部分を聴き分けます。
このアンプではここがハッキリ聴き取れます。

また正攻法で造らてたこのアンプはソフトの粗をさらけ出す怖さがあります。
ソフトの音質に厳格なのです。
B&W等の高精細再現型スピーカーでは高音質のソフトは素晴らしいのですが、その逆になりますと厳しいです。
聞くに堪えないほどではないですが厳しいです。

RCAとXLR(BTL)の違いですが
RCAで十分な高音質ですがXLR(BTL)ではエネルギーが20%増しのような鳴りかたになります。
決してゴリゴリした感じではなく柔軟性があり躍動感や抑揚感が増す感じです。

当店ではこの素晴らしい試聴結果となったDCPW-240を今後も多くのお客様のご要望にこたえるため試聴機を発注しました。
入荷しましたらホームページにてご案内致します。
宜しくお願い致します。




 SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。









オーディオデザイン Audio Design ステレオ パワーアンプ DCPW240 DCPW-240



[PR]
by solotaudio | 2018-02-20 18:48 | パワーアンプ | Comments(0)