人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。

フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14042005.jpg





以前展示しておりました DCP-110 が急遽生産終了になり上位機種となりますが DCP-240-VR50 を取り揃えました。
DCP-240 のサイトは こちら です。

DCP-240はボリュームのグレードで2仕様ございます。
■通常VRモデル(アルプス社27型) DCP-240-VR27  税別定価¥300,000円
■高級VRモデル(アルプス社50型) DCP-240-VR50  税別定価¥450,000円
フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14282901.jpg

アルプス社の50型と27型のボリュームです。見た目が全然違います。







昨今、音の良いプリアンプとなると少々お高い製品が多い中で DCP-110 は税別定価が20万円ちょうどのお手頃の価格だったのですが生産終了となりました。オーディオデザイン社に聞くとプリアンプの注文はフルバランス構成の DCP-240 ばかりで、しょうがなく生産終了にしたとのことです。 DCP-110 はRCAのみの入出力だったのでバランス対応の需要が多いこともあったようです。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032896.jpg
シンプルな綺麗なデザインです。必要最小限のスイッチ類が配置されております。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032514.jpg
Gainスイッチはフラットアンプ経由の 15dB と経由しない 0dB の切替ができます。

取扱説明書には
「通常は 15dB がお勧めでCDプレーヤーやDACの出力が特に大きい(4V以上)場合、 0dB で使用して下さい」となっております。
店の機器で 0dB を試しましたが音がかなり小さい結果となりました。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032670.jpg
フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14042015.jpg
Band Balance は帯域バランス調節で 630Hz を中心とし高域と低域の量を調節できます。
操作がシンプルなプリアンプですが、このスイッチはかなり有効です。
トーンコントロールを毛嫌いされる方が多いですが、この可変式ではない5段切替式はさじ加減が絶妙で丁度良い感じに調整ができます。
ご購入されましたら部屋も含めシステムやソフトの音のバランス調整で積極的に使っていただきたいスイッチです。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14042042.jpg
当店の JBL 4367WX で聴く場合はこの位置(高域-1dB、低域+1dB)が丁度良いです。
なぜなら 4367WX から試聴位置まで2メートルと近いためコンプレッションドライバーの音が少し強いからです。
しかしながら至近距離で 4367WX を聴くのも良いですよ。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032687.jpg
ボリュームつまみは外形 50mm のアルミ削りだしの大型で操作しやすいです。
またパネルの厚みが 1cm で高級感があります。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032792.jpg
入力は4つです。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032846.jpg
リアパネルです。
フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032925.jpg
入力の1と2はRCAアンバランスまたはXLRバランスのどちらかを接続できます。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032991.jpg
出力が3系統あり同時に出力されます。ぜひバイアンプで試したいものです。
(今後、当店にて試します)






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14042175.jpg
電源インレット部分です。
電源ケーブルは一般的に付属品と呼ばれるグレードのものになります。
左下に当然ですが Made in Japan の文字があり安心いたします。






フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14032896.jpg
入荷当初は少々、高域に若干きつさがあったのですが使い始めて3週間ほど経過した現在はフラットなバランスになっております。
以前の DCP-110 はシャープで明るい音でしたが、それと比較すると音のチューニングがなされたのか程よい感じに聴こえます。
言葉にすると難しいのでここまでとしますが素晴らしい音です。





フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。_b0292692_14041930.jpg
現在、相性としては抜群の同社のパワーアンプ DCPW-240 を接続しております。
ぜひ、ご愛聴ソフトを持参されオーディオデザイン社の最新モデルをお試しください。
宜しくお願いいたします。





オーディオ専門店 SOLOT AUDIO のホームページは こちら です。











audio design オーディオデザイン dcp-240
dcp240 dcpw240


by solotaudio | 2019-04-10 18:43 | プリアンプ | Comments(0)

SUNSHINE (サンシャイン)の新製品の電源ケーブル SAC REFERENCE1.8 を試聴いたしました。

SUNSHINE (サンシャイン)の新製品の電源ケーブル SAC REFERENCE1.8 を試聴いたしました。_b0292692_14223376.jpg
サンシャイン SAC REFERENCE1.8   発売は2019年4月1日です。

 税別定価 : ¥16,800

 長さ : 1.8mのみ

 導体 : DIP FORMING無酸素銅線

 導体処理 : HSE処理

 プラグ : 3Pモールド

 メーカーのサイトは こちら です。





コストパフォーマンスがずば抜けている前評判を目にしまして試聴用をご用意いたしました。当店では全ての展示機器に使用している電源ケーブルは付属品のものですが、まず届いたばかりのSAC REFERENCE1.8とLUXMANのプリメインアンプL-550AXIIに付属している電源ケーブルの比較試聴を行いました。この電源ケーブルはオプションで販売されているJPA-10000(税別¥7,500)そのものです。機器はそのままL-550AXIIを使いました。※「もう少しお高いケーブルとの比較をやれっ」とお叱りがあると思いますがすみません。

比較するとラックスマン純正の方はゴージャスでエレガントな感じです。それに比べるとSAC REFERENCE1.8は特徴の無い地味な音に聴こえました。ただ素性の良さがあり、かなりニュートラルな感じがいたしました。なお届いたばかりの状態で聴いた感想です。


ここ2~3日、しばらく通電させて再度じっくり比較試聴いたしました。付属ケーブルとの違いはボーカルでは幾分付帯音が小さくなるような、エコーの明るい艶(くせ?)のような残響が自然になり、また若干うるさい感じも少なくなり音の純度が上がったように聴こえます。


またテストでは パワーアンプ、プリアンプ、ネットワークプレーヤー も試しましたが同じく好印象でした。効果は パワーアンプ<プリアンプ<ネットワークプレーヤー で上流側の機器の方が大きい結果でした。最後に試したネットワークプレーヤーで、それに付属している電源ケーブルとの比較は驚きました。音の純度が上がることで音の立ち上がりや定位がより正確に聴こえ、また音楽(ソフト)そのものに録音されている音場を明瞭に再現するようになりました。

SUNSHINE (サンシャイン)の新製品の電源ケーブル SAC REFERENCE1.8 を試聴いたしました。_b0292692_14223370.jpg

今回は高額な電源ケーブルとの比較は行わず機器の付属ケーブルとの比較でした。

製品によりますが機器に付属している電源ケーブルはおまけ程度(失礼)の物が少なくありません。明らかにそのような場合はSAC REFERENCE1.8に交換すると大きなグレードアップになります。全ての機器に効果がありますが1本だけ使う場合は上流機器のCDプレーヤーやネットワークプレーヤーまたはDACなどに使うことをお薦めいたします。

現在、店舗内にて比較試聴ができますので宜しくお願いいたします。





 オーディオ専門店 SOLOT AUDIO のホームページは こちらです。









サンシャイン SUN SHINE SAC REFERENCE1.8



タグ:
by solotaudio | 2019-04-02 18:46 | 電源関連 | Comments(0)