人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第3回「アナログレコード鑑賞会」開催いたします。

b0292692_17145812.jpg

第3回 アナログレコード鑑賞会を開催いたします。

5月26日(日)15:00~19:30
燕市中央公民館
たっぷり4時間半お楽しみいただけますので、ぜひぜひご来場ください。


演奏機器を決めました。

カートリッジ フェーズメーション PP-500

レコードプレーヤー ラックスマン PD-171A

フォノアンプ フェーズメーション EA-350 

プリアンプ オーディオデザイン DCP-240-VR50

パワーアンプ オーディオデザイン DCPW-240

スピーカー JBL 4429


他アクセサリー

バキューム式スタビライザー アイコール IQ1300A

レコードクリーニングマシン アイコール IQ1100A

除電・消磁器 CSポート IME1

クリーン電源システム ラックスマン ES-1200


関連リンク

ソロットオーディオ http://solotaudio.com/

アイコール(株) http://i-qual-audio.com/

オトノハコ(株) http://otonohako.co.jp/

ベーレンプラッテ http://www.b-platte.com/




by solotaudio | 2019-05-14 17:28 | アナログ関連 | Comments(0)

TEAC のハイレゾ・マスターレコーダー SD-500HR を使ってみました。


b0292692_16243469.jpg
SD-500HR はハイレゾ・マスターレコーダーですが簡単に言いますと高音質でデジタル録音が可能な録音再生機です。
すなわち現代版カセットデッキです。







何に使うかと申しますと元々はTEACのプロ機器ブランド TASCAM のレコーダー DA-3000 と同一な製品で本来は音楽スタジオの録音機なのですがオーディオ機器としては昔からのカセットデッキと同じような用途になります。録音する入れ物はカセットテープでなくSDカードやCFカードまたはUSBメモリーになりますが。

・アナログレコードの録音
 傷つきやすいレコードの保護や高音質のアナログシステムを揃えた際の再生音をそのまま手軽にデジタル再生したい場合。

・アナログテープの録音
 所有しているカセットテープやオープンテープのデジタル化。

・FMチューナーの録音
 NHK FMで時々放送される貴重なライブ放送を録音。
 デジタル出力があるチューナーではそのままデジタル録音が可能。

・ミュージックバード(衛星デジタル放送)の録音
 高音質デジタル放送をそのままデジタル録音が可能。
 別売のタイマー C-T10TM を使って留守録音。







b0292692_17255910.jpg
リアパネルですが、もともとスタジオ機器ですので入出力がプロ仕様の部分がございます。









簡単ですが録音の手順をご説明いたします。
カセットデッキを使ったことがある方は比較的簡単に操作が出来ると思います。

まずはメディアの設定です。
録音できる入れ物はSDカードやCFカードまたはUSBメモリーになりますので選択いたします。
b0292692_16243306.jpg
b0292692_16243124.jpg
今回はSDカードを選択しました。
b0292692_16243382.jpg
左がSDカードのスロット、右がCFカードのスロットです。







次に入力を選択いたします。
b0292692_16243200.jpg
アンバランス(RCA)で接続しておりますのでUNBAL.を選択します。







次にファイル形式を設定いたします。
b0292692_16243211.jpg
今回はWAV-24bit 192kHzに設定いたしました。








その後は送出しの機器を再生し録音レベルを調整いたします。
b0292692_16383676.jpg

RECORDボタンを押すと左のPAUSEボタンも同時にONになり録音スタンバイ状態になります。
b0292692_16383566.jpg
あとは左のレベルメーターを見ながらINPUT VOL.を調整いたします。
レベルは高めに設定しますが+3やOVERが点灯しないよう注意いたします。
今回録音したものはFM放送で+9.5dBが最適でした。※録音中に微調整を行いました。
ここまで出来ましたら最後にPLAYボタンを押して録音開始いたします。








録音したものを編集する場合は編集ソフトの TASCAM Hi-Res Editor を使用いたします。
分割されたファイルを統合したり、または曲ごとにファイル分割してファイル名を書き換えたりも出来ます。
さらに高度な使い方では他のソフトが必要となりますがファイルをFLACに変換してタグ情報としてジャケット写真を付けたりジャンル、アーティスト名、アルバム名、曲名等を付加して、そのファイルをNASに格納すれば快適にPCオーディオやネットワークプレーヤーで楽しむことも可能です。

※録音で作製されるファイルは最大で2Gバイトで1ファイルとなりそれを超えた場合は分割され別のファイルになります。
 今回 WAV-24bit 192kHz で2Gバイトは約30分でした。
※録音したデータは電子データのため機器の不具合やメディアの不具合で消失する可能性がありますので念のため
 ハードディスクなどにバックアップとしてコピーすることをお薦めいたします。







b0292692_17260082.jpg
再生中の写真です。もちろん高音質です。







SD-500HRは9月頃まで展示しておりますので、お試しや使用方法の確認が可能です。
レコーダーを検討されている方はぜひこの機会に当店にてお試しください。
宜しくお願いいたします。


   オーディオ専門店 SOLOT AUDIO のホームページは こちら です。









TEAC SD-500HR sd500hr




 


by solotaudio | 2019-05-08 18:25 | レコーダー | Comments(0)