人気ブログランキング |

タグ:プリアンプ ( 4 ) タグの人気記事

フルバランス構成のプリアンプ AUDIO DESIGN (オーディオデザイン) DCP-240 を試聴できます。

b0292692_14042005.jpg





以前展示しておりました DCP-110 が急遽生産終了になり上位機種となりますが DCP-240-VR50 を取り揃えました。
DCP-240 のサイトは こちら です。

DCP-240はボリュームのグレードで2仕様ございます。
■通常VRモデル(アルプス社27型) DCP-240-VR27  税別定価¥300,000円
■高級VRモデル(アルプス社50型) DCP-240-VR50  税別定価¥450,000円
b0292692_14282901.jpg

アルプス社の50型と27型のボリュームです。見た目が全然違います。







昨今、音の良いプリアンプとなると少々お高い製品が多い中で DCP-110 は税別定価が20万円ちょうどのお手頃の価格だったのですが生産終了となりました。オーディオデザイン社に聞くとプリアンプの注文はフルバランス構成の DCP-240 ばかりで、しょうがなく生産終了にしたとのことです。 DCP-110 はRCAのみの入出力だったのでバランス対応の需要が多いこともあったようです。






b0292692_14032896.jpg
シンプルな綺麗なデザインです。必要最小限のスイッチ類が配置されております。






b0292692_14032514.jpg
Gainスイッチはフラットアンプ経由の 15dB と経由しない 0dB の切替ができます。

取扱説明書には
「通常は 15dB がお勧めでCDプレーヤーやDACの出力が特に大きい(4V以上)場合、 0dB で使用して下さい」となっております。
店の機器で 0dB を試しましたが音がかなり小さい結果となりました。






b0292692_14032670.jpg
b0292692_14042015.jpg
Band Balance は帯域バランス調節で 630Hz を中心とし高域と低域の量を調節できます。
操作がシンプルなプリアンプですが、このスイッチはかなり有効です。
トーンコントロールを毛嫌いされる方が多いですが、この可変式ではない5段切替式はさじ加減が絶妙で丁度良い感じに調整ができます。
ご購入されましたら部屋も含めシステムやソフトの音のバランス調整で積極的に使っていただきたいスイッチです。






b0292692_14042042.jpg
当店の JBL 4367WX で聴く場合はこの位置(高域-1dB、低域+1dB)が丁度良いです。
なぜなら 4367WX から試聴位置まで2メートルと近いためコンプレッションドライバーの音が少し強いからです。
しかしながら至近距離で 4367WX を聴くのも良いですよ。






b0292692_14032687.jpg
ボリュームつまみは外形 50mm のアルミ削りだしの大型で操作しやすいです。
またパネルの厚みが 1cm で高級感があります。






b0292692_14032792.jpg
入力は4つです。






b0292692_14032846.jpg
リアパネルです。
b0292692_14032925.jpg
入力の1と2はRCAアンバランスまたはXLRバランスのどちらかを接続できます。






b0292692_14032991.jpg
出力が3系統あり同時に出力されます。ぜひバイアンプで試したいものです。
(今後、当店にて試します)






b0292692_14042175.jpg
電源インレット部分です。
電源ケーブルは一般的に付属品と呼ばれるグレードのものになります。
左下に当然ですが Made in Japan の文字があり安心いたします。






b0292692_14032896.jpg
入荷当初は少々、高域に若干きつさがあったのですが使い始めて3週間ほど経過した現在はフラットなバランスになっております。
以前の DCP-110 はシャープで明るい音でしたが、それと比較すると音のチューニングがなされたのか程よい感じに聴こえます。
言葉にすると難しいのでここまでとしますが素晴らしい音です。





b0292692_14041930.jpg
現在、相性としては抜群の同社のパワーアンプ DCPW-240 を接続しております。
ぜひ、ご愛聴ソフトを持参されオーディオデザイン社の最新モデルをお試しください。
宜しくお願いいたします。





オーディオ専門店 SOLOT AUDIO のホームページは こちら です。











audio design オーディオデザイン dcp-240
dcp240 dcpw240


by solotaudio | 2019-04-10 18:43 | プリアンプ | Comments(0)

バイワイヤリング対応スピーカーを劇的に高音質化させるグレードアップ術!!

b0292692_17330465.jpg
          ↑JBL 4429のバイワイヤリング対応スピーカー端子です。





以前、店の試聴機JBL4365を下記の方法で接続したことがございます。
その状態で松田聖子の赤いスイトピーを鳴らしていた時にお得意様がご来店されました。
店に入った瞬間「この音は凄い、声が生々しい」と驚かれました。
このように劇的に音質アップさせた方法を皆様にお知らせ致したく、ようやく今回ご説明させていただくことになりました。

通常、バイワイヤリング対応のスピーカーをバイワイヤーで接続させる方法として
アンプのスピーカー出力からHi側とLow側、それぞれにスピーカーケーブルで繋いだり
アンプのスピーカー出力が2系統ある場合はそれぞれをHi側とLow側に接続させます。
ただし、このやりかたはアンプ側でただ1CHを分けただけで、正直申しますが劇的な音質向上になりません。
該当される方、申し訳ございません。

それではどのようにして劇的に高音質にさせる方法はと言いますと
左右に2台のステレオパワーアンプを使いHi側とLow側を別チャンネルで駆動させる仕組みです。
よく言われるスピーカーユニットからの逆起電力による他のスピーカーユニットへの影響やアンプへの影響を回避し高音質を得る方式です。
またパワーアンプを左右分けることによりセパレーションが良くなることに加え電源が別々となり余裕ができて駆動力が増します。

複数のアンプを使った究極な方式としてマルチアンプ方式もございます。
但し、これは物量を多く投入し高コストで、さらに時間をかけ様々な難しい調整も必要でオーディオのエキスパートが挑戦する方式です。
今回は内臓させたネットワークで最適化された既製品のバイワイヤリング対応スピーカーをバイアンプ駆動させる仕組みをご説明致します。

バイアンプ駆動はモノラルアンプを2台使う方法が一般的ですが
モノラルパワーアンプでは左右1CHのスピーカー出力となりますので使いません。
バイワイヤリング対応スピーカーは1本でHi側とLow側の入力2系統あるため
2CHあるステレオパワーアンプを左スピーカーに1台、右スピーカーに1台で2台使用するシステムをご説明致します。

こちらの図はPRE OUTが2系統あるプリアンプでの接続図となります。
b0292692_17381231.jpg
b0292692_17441192.jpg
          ↑出力が2系統あるプリアンプの写真です。



出力端子が1系統のみの場合はこのような分配プラグを使用します。
b0292692_18004425.jpg
b0292692_18014051.jpg
このようなプラグでなくケーブル自体で分配させるものもございます。
RCAタイプだけでなくバランスケーブルを分配させたケーブルもございます。






今年の8月に或るお客様のご要望でNuPrimeのDAC内臓プリアンプDAC-9とパワーアンプSTA-9をご用意致しました。
黒いコンパクトな筐体2台がパワーアンプSTA-9で、その右側がDAC-9です。
b0292692_18214481.jpg

プリアンプのDAC-9の出力が1系統のみのため
こちらの分配プラグを使用しました。
b0292692_18004425.jpg
パワーアンプのSTA-9を左右2台使用し片側2CHそれぞれをスピーカーのB&W 805D3のHi側とLow側に接続して鳴らしました。
もともと805D3は歪感が少なく音楽の見透しが非常に良い製品ですが
1台のアンプで鳴らすより、さらに音の見透しが良くなり、音のたたずまいがはっきりするような鳴りかたになりました。
オーケストラやJAZZは再現される音楽のステージが腰の据わった立派なものとなり迫力が増しました。
またボーカルは声がよりリアルになり情感が身に染みてボーカリストの世界に引きこまれました。
ご試聴されたお客様はこのNuPrimeのDAC-9とパワーアンプSTA-9を2台をご導入され、後日
「このアンプを導入後、音楽がさらに良い音になったことに感激し、いつまでも聴いていたい状態になった」とお知らせいただきました。







スピーカーのクオリティに合ったものや望まれるグレードアップの幅もございますが
比較的、低価格のパワーアンプでもこのような2台使いにより高音質をもたらします。

低価格でおすすめのパワーアンプはこちらになります。
NuPrime STA-9 税別定価¥95,000/1台
LUXMAN M-200 税別定価¥128,000/1台
PS Audio S300 税別定価¥185,000/1台

今回のBLOGはバイワイヤリング対応のスピーカーでグレードアップさせるご提案でした。
セパレートアンプをお考えの方や、お持ちのプリメインアンプにプリアウトがありパワーアンプの導入を考えられている方に参考になれば幸いです。



    オーディオ専門店SOLOT AUDIOのホームページはこちらです。












NuPrime STA-9 税別定価¥95,000/1台
LUXMAN M-200 税別定価¥128,000/1台
PS Audio S300 税別定価¥185,000/1台





by solotaudio | 2017-11-12 17:40 | スピーカー | Comments(0)

AudioDesign(オーディオデザイン) DCP-110

b0292692_15225020.jpg

オーディオデザイン社のプリアンプDCP-110を試聴機として揃えました。
税別定価¥200,000





このプリアンプを揃えた理由は、昨今高音質なプリアンプとなると多くは高額なものになり
真にCPが高い製品をお客様に提案したい思いがありました。
b0292692_1355879.jpg




まずフロントパネルですが厚みが10㎜もありハイグレード機器の面構えになっております。
またボリュームつまみは外径50㎜厚さ30㎜のアルミ削り出しで重厚感があります。
b0292692_13552082.jpg




リアの端子は程よい間隔で精緻に取り付けてあります。
b0292692_13552828.jpg




OUTPUTにバイアンプ駆動させるための端子がございます。
Bufferedと書かれているこの端子はバッファーアンプを通過します。
接続方法はボリューム調整ができるVar(バリアブル)に高域側パワーアンプ、Fixに低域側パワーアンプを繋ぎます。
同時にバッファーアンプを通さないDirect端子にサブウーハー等を接続することも可能です。
b0292692_13553697.jpg

通常で使う場合、BufferedFixとDirectのどちらに接続するか?取説ではBufferedFixを推奨されております。



このプリアンプの回路上の特徴は入力直後にフラットアンプで増幅した後にボリュームを通す方式で他のプリアンプと逆になっております。
またフラットアンプ基板の新設計等で低歪高出力回路になっております。
この仕組みでソースのダイナミックレンジ低下を抑制しています。





弊店にあるパワーアンプと接続し試聴しました。
総じて良い意味でエッジ感が無い音です。
そうなると定位が曖昧かと思われますがそのようなことはありません。
交響曲はきちんと奥行とともに各々の楽器が明瞭に定位します。
同時に響きが豊かで余韻に膨らみを感じさせます。
やはり基音と倍音がきちんと再現されるからでしょうか。
ボーカルでは発せられる声が消え入る時の息がフッとなる瞬間や歌の抑揚による抑えたブレス、深いブレスの息づかいがリアルです。
言葉にすると難しいのでここまでとします。




あらためてプリアンプの支配力がある音を聴くとシステムの中で重要な位置づけの機器だと考えさせられます。




時どきオーディオ雑誌等で紹介され高い評価をされるこのメーカーの製品は決してメジャーではありませんが興味がある方は多くおられると思います。
ぜひご来店いただきましてDCP-110の実力をお聴き下さいませ。


 SOLOT AUDIO
by solotaudio | 2015-04-24 19:50 | プリアンプ | Comments(0)

OCTAVE HP300SE


オクターブのプリアンプHP300SEを試聴機として揃えました。


現在のセッティングは

プリアンプ OCTAVE HP300SE

パワーアンプ First Watt SIT2

スピーカー JBL 4365



ご試聴にお越し下さいませ。
SOLOT AUDIO
by solotaudio | 2014-02-07 19:55 | プリアンプ | Comments(0)